蓮華王院 三十三間堂
蓮華王院 三十三間堂の見どころ、おすすめ、アクセス情報【京都旅行】

蓮華王院 三十三間堂の見どころ、おすすめ、アクセス情報【京都旅行】

更新日:

三十三間堂は1001体の仏像が、国宝に指定されているおよそ120mのお堂の内部に並びます。お堂の中は、圧倒的な数の仏像の存在感を体感でき、回遊式庭園を見渡せるお堂の中は荘厳な空気に満ち溢れています。
1月には矢を射る「大的大会」が行われており、軒下で矢を射通す「通し矢」の故事でも知られています。

蓮華王院 三十三間堂とは?見どころは?

平清盛が建立した、圧巻の千体の千手観音が醸し出す荘厳な雰囲気を堪能できる寺院

蓮華王院 三十三間堂

三十三間堂は京都市東山区三十三間堂廻町にある仏堂です。
正式名称は妙法院に所属する「蓮華王院本堂(れんげおういんほんどう)」であり、120mの本堂の柱の数が33間あることから、『三十三間堂』と言う名で広く親しまれています。平清盛によって平安後期の1164年、後白河法皇の発願を受け伽藍が建立されました。

堂内にある金色に輝く計1002体の千手観音像が三十三間堂の見どころです。左右に500体ずつ背後に1体の千手観音立像の中央に鎌倉時代を代表する仏師・湛慶作の千手観音像を安置されている姿は壮観で、堂内には荘厳な空気が漂っています。
その他にも多数の国宝・重文の文化財を所蔵しており、風神・雷神像、二十八部衆立像などがあります。

新春の京都の風物詩として、成人の日に近い1月の中旬に全国から弓道の有段者が集まって「大的大会」として開催されます。華やかな晴れ着姿の成人女性が通し矢に挑む姿は有名です。江戸時代から「通し矢」が行われて人気を博していたことで知られています。

蓮華王院 三十三間堂の基本情報

アクセス

《電車》京阪電鉄「七条駅」から徒歩7分
《バス》JR京都駅から市バスで約10分、バス停「博物館三十三間堂前」からすぐ

料金

大人:600円、高校生・中学生:400円、子ども:300円

電話番号

075-561-0467

営業時間

4月~11月15日:08:30~17:00、11月16日~3月:09:00~16:00(受付終了:閉門の30分前まで)

住所

605-0941 京都市東山区三十三間堂廻り町657

駐車場

なし

京都駅周辺エリアのおすすめ観光地厳選2選
京都駅周辺エリアのおすすめ観光地厳選2選

蓮華王院 三十三間堂周辺のおすすめ観光スポット

京都タワー
京都タワー
京都のおすすめ観光地厳選25選
京都のおすすめ観光地厳選25選

京都の他のおすすめ観光スポット

清水寺
清水寺
産寧坂(三年坂)
産寧坂(三年坂)
八坂神社
八坂神社
円山公園
円山公園
花見小路通
花見小路通
建仁寺
建仁寺
伏見稲荷大社
伏見稲荷大社
平等院
平等院
金閣寺
金閣寺
北野天満宮
北野天満宮
龍安寺
龍安寺
渡月橋
渡月橋
竹林の小径(ちくりんのこみち)
竹林の小径(ちくりんのこみち)
錦市場
錦市場
先斗町(ぽんとちょう)
先斗町(ぽんとちょう)
銀閣寺
銀閣寺
平安神宮
平安神宮
南禅寺
南禅寺
下鴨神社
下鴨神社
元離宮二条城
元離宮二条城
京都タワー
京都タワー
貴船神社
貴船神社
瑠璃光院
瑠璃光院
天橋立
天橋立